CSR関係の部署に異動しました

投稿者: | 2020年2月26日 :

珍しく会社の話題。

2019年の大きな変化として、部署異動がありました。

新たにCSR関係の業務についております。

エネルギー管理士の試験合格や、公害防止管理者(水質1種)の資格保有など、もともと環境面に興味があり、勉強してきました。

今回はわたしの意向に沿った形で実現し、とてもハッピーな異動となりました。

CSRとは

CSRとは、corporate social responsibilityの略称であり、日本語直訳で企業の社会的責任と定義されています。企業が利潤だけを追わず、倫理的観点から事業活動を通じて、自主的に社会に貢献する責任のことを指します。

今流行っている、SDGs、サステナビリティ等と非常に関係性が強い概念です。

日本では、昔から近江商人の「三方よし」という言葉があるように、商売を通じて地域社会の発展に貢献する意識があります。

CSRって具体的に何するの?

さぁ、CSRだと言われても何をしているのかよくわからない、私もそんな状態でした。

この世界の主流であるのは、国連グローバルコンパクトという組織の4分野10原則になるでしょう。

国連グローバルコンパクトは、様々な課題の解決のため、国連が政府を介さずに企業へ働きかける枠組みです。これはとても画期的な話で、普通なら国連⇒政府⇒企業、なのが国連⇒企業ですからね。

国連はもともと安全保障、平和活動が主の業務ですが、冷戦終了後に貧困など他の課題の重要性が相対的に増すにつれ、企業の力で解決することに舵を切り、こういった枠組みを形成したわけです。

4分野とは、

人権・労働権・環境・腐敗防止

で構成されており、それぞれの分野に原則が紐づいています。

例えば、人権であれば、人権侵害に加担したに、とか人権の擁護を支持し、尊重する。環境であれば、環境にやさしい技術の開発と普及を促進する、とかですね。

私の業務は、こういった活動を推進です。

例えば環境にやさしい技術の開発とかは研究や開発部署が担いますが、会社としてポリシーの作成やガイドラインの作成、経営計画に組み込むことや、外部組織や外部イニチアチブへの参加、認証規格の取得等が該当します。

CSRで鍵となるのは、レポーティングです。

ひっそりとやっていても意味が無く、インターネットや紙媒体で会社として情報発信することで、あらゆるステークホルダーを満足させるというのが最大の目標です。

環境面は前述通り勉強してきたこともありますが、人権や腐敗防止など、ジャンルがけっこう浅く広いこともCSR業務の特徴の1つかと感じます。

会社の経営計画にも携わるという点からもやりがいは強く、今のところ非常に充実しております。この職種は、けっこうお薦めです。気候変動など環境面がホットトピックですので、理系人材に特におすすめな仕事です。

FIREを目指していたのですが、しばらくは会社でそれなりに楽しんで生活できそうです。

マンガでやさしくわかるCSR [ 足立 辰雄 ]

価格:1,650円
(2020/2/26 23:29時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください