資格勉強

弁理士試験 不合格体験記

buj0024-001

以下、長いです。
不合格をわざわざ文章にして、公開する必要があるのかと思うところもありますが、受験生の方に参考になればと思い、公開いたします。

続きを読む

資格のススメ。僕が資格勉強を勧める3つの理由

mns0012-009

資格の現状

日本において「資格」の優位性が低くなって久しいです。

ここでいう資格というのは、医者や歯医者、薬剤師等の専門大学依存資格は除きます。弁護士とか公認会計士とか弁理士、不動産鑑定士、などを指します。

さて、優位性が低下した原因としては、主に2つが考えられます。

就職の不安

1つは、弁護士・公認会計士等の難関資格合格者でもリーマンショック後には仕事にありつけなかったこと。これは、かなりショッキングなニュースでしたよね。社会平均よりは高収入ですが、資格と共に生きることが需要供給均衡が簡単にひっくり返ることから、不安定であるという事実が露呈してしまいました。資格業界からすれば大きなイメージダウンだったと思います。特にこの2つの資格は、圧倒的に若者が挑戦する資格ですが、これらのニュースを見た学生たちは、青春を犠牲にしてまで資格に挑戦する意義を見出せなかったのではないでしょうか?

実務主義

もう1つは、社会が実務主義に移行してきたことによる資格価値の低下。昔なら、資格を持っているだけで、先生と呼ばれて高収入でしたが、資格者が増加し、日本経済の規模が縮小化するにつれ、資格の貴重性が低下、資格を持っていても持っていなくても実務経験が優先されるようになってきました。

例えば、公認会計士試験の受験者数は、2009年頃は1万7千人程度いましたが、2014年度は7千人程度まで落ち込んでいます。資格を持っているだけでは、何の価値もないことを知っているからです。

しかし、僕は、敢えて、この資格不必要に真っ向から抗い、資格勉強を積極的にして、人生を歩んでいこうかと思います。以下に僕が資格勉強を勧める3つの理由を記します。

続きを読む