資格勉強

エネルギー管理士のキャリア~EHS管理者~

(Cambridge, MA - September 15, 2008) Moral Reasoning 22: Justice, taught by Professor Michael Sandel inside Sanders Theatre at Harvard University.  Staff Photo Justin Ide/Harvard News Office

(Cambridge, MA – September 15, 2008) Moral Reasoning 22: Justice, taught by Professor Michael Sandel inside Sanders Theatre at Harvard University.
Staff Photo Justin Ide/Harvard News Office

最近、少しだけですが、自分の進むべき道といいますかキャリアの方向性というのが見えつつあるような気がしています。32歳だと遅すぎだよ!という説もあるのですが、もともとやりたい事とかがはっきりしていなかった自分としては、意識の変化は成長の証でもあると思っています。学生の時は、やりたいことなんて特になく就職活動していましたから。(ただし、やりたいことがあっても会社がそれをやらせるなんて甘い保証は無いのですけどね)

さて、その方向性とは、「EHS」です。EHSとは、Enviroment 環境、Health 健康、Safety 安全、の頭文字を取ったものです。最近の大きな日本企業はCSR(社会的責任)やダイバーシティ(多様性)を推進しているといったニュースが多いですが、おそらくその次に来るのはEHSなのではないかと個人的には思っています。また、日本にはEHS業務の需要に対し、EHSキャリアのビジネスマンが圧倒的に少ないのです。

続きを読む

少しでもLECの弁理士講座を安くする方法

bil0147-003

資格の合格の最も近道は資格学校に通うことです。LECやTACが二大予備校のイメージがあります。弁理士試験に関しては、教育機関はLECが圧倒的に人を集めています。特に入門者にとっては、マジョリティに属することが、合格への近道と考えるでしょう(私もその一人で、LECに通っていました)。

さて、予備校に通ってどういうことをするのかという講座内容もさることながら、心配なのは金額面という人も少なくないでしょう。LECであれば、一年合格ベーシックプランで、40万円くらいかかると思われます。自分への投資なので、ケチる訳にはいかないですが、同じ講座を申し込む際に、少しでも安くなる方法があれば、使わない手はないでしょう。

以下に、私が実際行った、LEC弁理士講座が少しでも安くなる方法を記載します。

続きを読む

エネルギー管理士になるための実務経験

エネルギー管理士試験の概要

IMG_0972

 

エネルギー管理士になるには、二つのコースがあります。

1つは、エネルギー管理士試験を受験し、合格すること。このコースが王道ですね。2つめは、認定研修を受けること。1つめのコースである試験は【熱分野】、【電気分野】に分かれており、私自身は熱分野で受験・合格しました。この辺の経緯は合格体験記でも書いています。私は2度の受験を経て、試験に合格しました。しかし、実は試験に合格しただけでは、エネルギー管理士になれません。そう、なれないのです。

続きを読む

【エネルギー管理士に合格しました!】(5)まとめ

IMG_1629

 

エネルギー管理士試験(熱分野)についてのまとめです。

受験勉強の経緯は、合格体験記としてまとめました。

(1)合格体験記

なお、勉強にかかった時間は88時間でした。

(2)勉強時間

ちなみにこの試験の合格者推移や受験者数についてもまとめています。

(3)合格率の推移

なお、かかった費用は50,129円です。

(4)参考書と費用

 

以上でエネルギー管理士試験についての投稿を終わります。