資格勉強

【公害防止管理者<水質1種>に合格しました!】(2)成績

 

2016年度の公害防止管理者<水質1種>試験に合格しました。さて、公害防止管理者試験は課目合格制が採用されており、課目ごとに合格、合格している課目に関しては3年間再試験が免除されます。私は2年で合格することができました。

 

1年目の成績

2015成績

1年目は初めての受験だったので、公害防止管理者<水質1種>で試験される全ての課目を受験しました。結果、公害総論、水質概論、大規模水質特論は合格し、汚水処理特論と水質有害物質特論は残念ながら不合格となりました。

こうやって結果を見ると、不合格の2課目は共にあと2問合っていれば合格だったのに、と思うもんですが、その2問正答するかどうかが大きな差なんですよね・・・3課目合格したこと、特に水質概論をぎりぎり6割の正答率で合格したことをポジティブに考え、来年合格することを誓いました。なお、3課目について3年間は再試験免除となります。2015年に合格しているので、2017年までは免除ということです。

続きを読む

【エネルギー管理士に合格しました!】(番外)おすすめの参考書

グラフ

エネルギー管理士試験<熱分野>に2015年に合格した時、使用した参考書はこちらの記事にて記載していますが、それぞれの参考書の比較、購入時に検討した際を踏まえて、レビューしたいと思います。

今からエネルギー管理士試験<熱分野>を受験される方々は参考にしてください。

なお、上の図は合格率のグラフです。

続きを読む

英語学習始めるなら今すぐレアジョブ始めましょう

wmn0096-001

さて、今年の一大目標に英語を掲げています。理由は、超単純で、仕事で使うようになりつつあるからです。

といっても、全くしゃべれないわけではないし、けっこう昔のスコアだけどTOEICスコアも800くらいありました。たぶん、今受けたらもっと低いと思いますが……。旅行英語はしゃべれても、実際に英語で議論したり仕事で使うレベルには全く至っていないのが実情です。もちろん飲み会での英語や小粋なイングリッシュジョークなんて、全く理解できないと想定します((+_+))

よく社会人に英語は必須、と言いますが正直私の環境ベースで申しますと、日本の会社で日本の仕事をしている限り全く英語なんていりません。ただし、英語が喋れれば、仕事の範囲が広がるのは間違いありません。ごく一部の人を除いて、英語がしゃべれない人にグローバルな仕事は振られないものです。

職場を見渡してみると、メーカーの現場製造系には語学が達者な人はほとんど皆無です。まぁ、ブラジル人のハーフでポルトガル語ペラペラとかフィリピン人とのハーフで英語ペラペラみたいな作業員はたまにいます。そもそも製造現場に英語がいらないのですが、いざ海外出張とか海外関連の職場に異動すると本気で困ります。英語がしゃべれないどころか、英語の勉強をどのようにスタートしていいかもわかっていない人が多数います。

 

そんな英語の勉強の仕方が分からない人たちへの、私からのソリューションはレアジョブです。ぜひ、ファーストステップとして、スカイプ英会話に挑戦してみてください。間違っても、英会話スクールなんて行かないで( 一一)



続きを読む