株式運用

今年もらった株主優待(3) JALとANAの株主優待比較

JALの株主優待を初めてもらいました。

IMG_6486

JAL(9201)

優待品:片道1区間ご搭乗時普通運賃の50%割引 1枚、国内・海外ツアー旅行割引券 など

優待権利月:3月末

優待到着月:5月

 

一方のANAは以下です。

 

ANA (9202)

優待品:片道1区間ご搭乗時普通運賃の50%割引 2枚、ANAグループ各社・提携ホテル優待券、国内・海外ツアー旅行割引券 など

優待権利月:3月末、9月末

優待到着月:5月

 

株主優待の大定番であるJALとANA。銘柄番号も1番違い。

今回、初めてJALをもらったので、改めて比較したいと思います。

続きを読む

今年もらった株主優待 2017 (2)ビックカメラ、日本BS放送、ANA

もらった株主優待の紹介です。前記事2017(1)も併せてチェキラ。

ビックカメラ (3048)

優待品:ビックカメラお買物優待券2,000円

優待権利月:2月末、8月末

優待到着月:5月

IMG_6459

いつもビッグなのかビックなのか悩む大型量販店ビックカメラ。

お買物優待券が保有年数が増えるとともに増えていく。最大年間5,000円ももらえる。

なお、商品券と違って半年という期限付きのため、すぐに使わなければいけない。特に使用制限もないが、おつりは出ない。

取得時、5万円程度だったから、株主優待だけで利率が10%を超えていたという、個人的には大当たりな株。

続きを読む

今年もらった株主優待 2017 (1)ヤマウラ、ロングライフ、ファーマライズ、CIJ

株式運用の楽しみの1つといえば、株主優待。

毎年いろんな株主優待をもらっているのですが、2017年からはメモがてらブログにて紹介しようかと思います。

ヤマウラ(1780)

優待品:乳製品セット(飲むヨーグルト、チーズなど)

優待権利月:9月末

優待到着月:1月

IMG_6208

株主優待は3,000円相当の地場商品。100株で1つ、300株で2つ、500株で3つくれる。

そして、地場商品がすごい。ふるさと納税ばりのカタログがまず送付され、20弱もの商品から選ぶことができる。長野県伊那市に本社があるようで、基本的には信州産のものがならぶ。悩んだあげく選んだ乳製品セットは、飲むヨーグルトが7本、それに裂けるチーズ2つ、燻製チーズがあった。飲むヨーグルトはめちゃくちゃ美味い!この優待のおかげで、飲むヨーグルトにはまってしまい、毎週飲むヨーグルトを買って飲んでいる。なお、普通に楽天とかで買える。楽天市場だと700円するから、7本含まれている時点で3,000円相当をはるかに超えている。

 

信州駒ヶ根高原すずらんハウスのむヨーグルト900mlクール便発送!!飲むヨーグルト

価格:710円
(2017/5/15 23:26時点)
感想(9件)


私が株を買った時は1単元100株4万円程度だったから、優待利回りは7%を超えていたということになる、隠れ良銘柄だった。2017年4月時点で650円まで上がっている。それでも優待利回り4%と悪くない。

配当金はしょぼいが(5円/株)、優待が良いのでおすすめ。

続きを読む

安心して購入できる低位株 3選 (2015年度)

mns0009-009

ここで低位株とは、1株の価格が200円以下で、1単元100株で、2万円程度以下で購入できる株のことをいいます。

 

さて、株初心者であれば、株を始めるにも、いきなり10万や20万も費用をかけるのは少し怖いと思われます。

一方で、低位株は初心者は手を出すなとも言われています。

理由は、上がり下げ幅がでかいため、短期的な利益を狙ってマネーゲームになりかねないおそれがあるからです。

 

そこで、連続で黒字を達成し、しっかりと配当金を出している低位株なら、安定していて、かつ手をだしやすいはず。

以下に、3つ、安心して購入できる低位株を紹介します。

 

続きを読む