書評

最近読んだ面白かった本(6)

ルポ トランプ王国

アメリカ大統領として、世界で最も重要な人物であるドナルド・トランプであるが、多くの日本人と同じく大統領選からトランプという候補のこと、トランプを支持するアメリカという国のことが非常に気になっていた。何故、これほど熱狂的な指示を受けているのか、アメリカで今何が起きているのか、没落した中産層、アメリカ製造業の破たん、構造は決してシンプルではないが、1つの答えがこの本にはある。

トランプ支持者へのインタビューは、なかなか疲れる。5人の話を聞き終わると、座り込みたくなる。それは、政治への期待や希望ではなく、不満を多く聞く取材になるからだろう。

〜『ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く』 プロローグ P.13〜

ルポ というものを読むのは初めてだったが、筆者の取材力も素晴らしい。これは、日本人という中間的な立場だからできた芸当であろう。まるでアメリカを横断している気持ちになった。もはや、共和党と民主党という構図は成り立たなくなっているアメリカのネクストステージを体感できるだろう。

ルポ トランプ王国 もう一つのアメリカを行く (岩波新書) [ 金成隆一 ]

価格:928円
(2018/5/13 20:00時点)
感想(3件)

 

続きを読む

不動産投資を始める前に、非常にタメになった本3選

今年、実際に株式会社TATERU(旧商号:インベスターズクラウド)のTATERU Apartmentで不動産投資を開始します。Link記事はこちら「TATERU(旧会社名:インベスターズクラウド)でアパート経営を始める話

土地・建物・施工・維持管理を全て同社にお願いするサービスなので、結果的にはパッケージ品を買うような感じです。しかし、そこに到達するにも、不動産投資に関する書籍を貪り読み、自分なりの哲学を確立させ、この玄人だらけのグレーな業界の「光の射す道」を見つけ出したつもりで、このTATERU apartmentに投資します。

この半年、かなり時間を使って、勉強しました。ここで、不動産投資に興味はあるが手を出せない、なんだか業者さんも怪しそうだし、収益が出ない物件を掴まれそうだと前に一歩踏み出せない方々に是非とも読んでもらいたい書籍を紹介させてください。

というか結論から言いますと、是非、玉川陽介氏の書籍を読みあさってください。間違いありません。

続きを読む

2017年 最も面白かった本

(既に2018年が始まって3週間ですが)2017年も、たくさんの本を読みました。主に小説(ミステリー)とビジネス本。

 

最近は、電車の中ではスマホをいじっている人だらけでビビります。そっと画面を覗きこむと、5割はSNS、3割ゲーム、1割がKINDLE的なもので読書(漫画含む)、その他1割ってとこでtしょうか。そんな中、たとえ満員電車の中でも、せっせと本を広げて多読した一年でした。

読んだ本は、書評 ですので、40冊以上は読んでいます(面白くなかった本は記事にしていません)。

数としては非常に少ないですね。。。もっと読んでいきたいのですがなかなか時間もなく・・・

さて、私が読んだ2017年に出版された本の中で最も面白かった本をここで発表致します!

題して、「東二条 読書大賞2017」です。

続きを読む

最近読んだ面白かった本⑸

マーケット感覚を身につけよう/著:ちきりん[ダイヤモンド社]

マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方 [ ちきりん ]

価格:1,620円
(2017/12/17 22:37時点)
感想(6件)


面白かった。基本的かつ本質的な話だが、サラリーマンにとってもマーケット感覚というのは非常に大事で、今後組織の力が弱くなっていく中でも絶対に身につけておくべき考え方である。ちきりんシリーズはくだけた感じで難しいことを教えてくれるイメージで、個人的には「伊賀泰代」名義の本の方がフォーマルな感じで好きだが、ちきりんシリーズも引き続き読む。

続きを読む

最近読んだ面白かった本(4)

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/著:デイヴ・アスプリ、訳:栗原百代[ダイヤモンド社]

シリコンバレー式自分を変える最強の食事 [ デイヴ・アスプリー ]

価格:1,728円
(2017/5/11 21:36時点)
感想(12件)


シリコンバレー式というのは、マーケッターが適当に着けた名前なのだろうで大げさだが、確かにこれは刺激的な本だった。とあるシリコンバレー在住の経営者がつづった健康オタク本。日本で流行ったケトン体ダイエットのようなイメージで、昼飯と夕飯は6時間以上空けないこと、朝飯は飢餓状態を維持するために珈琲(無塩バターを加えた「完全無欠珈琲」)を推奨している。また、バイオハックという単語が頻繁に出てくる。例えば食欲をコントロールするホルモンはグレリンとレプチンだが、これらをコントロール(ハック)して、体をのっとってしまうというイメージ。そのホルモンコントロールに準じた食品が完全無欠フードである。加えて、カビ毒をかなり気にしており、カビ毒が繁殖しそうなものもハイリスクフードとなる。

いろいろな食品を攻撃しているし食品効果に関する論文をつまみ食いのような感じであるため賛否両論かもしれないが、著者はかなり勉強していると思う。かなりの健康オタクに違いない。数十キロのダイエット実績があるらしい。

砂糖はコカイン、そしてグルテンは阿片。肝に銘じておこう。

続きを読む