書評

最近読んだ面白かった本(4)

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事/著:デイヴ・アスプリ、訳:栗原百代[ダイヤモンド社]

シリコンバレー式自分を変える最強の食事 [ デイヴ・アスプリー ]

価格:1,728円
(2017/5/11 21:36時点)
感想(12件)


シリコンバレー式というのは、マーケッターが適当に着けた名前なのだろうで大げさだが、確かにこれは刺激的な本だった。とあるシリコンバレー在住の経営者がつづった健康オタク本。日本で流行ったケトン体ダイエットのようなイメージで、昼飯と夕飯は6時間以上空けないこと、朝飯は飢餓状態を維持するために珈琲(無塩バターを加えた「完全無欠珈琲」)を推奨している。また、バイオハックという単語が頻繁に出てくる。例えば食欲をコントロールするホルモンはグレリンとレプチンだが、これらをコントロール(ハック)して、体をのっとってしまうというイメージ。そのホルモンコントロールに準じた食品が完全無欠フードである。加えて、カビ毒をかなり気にしており、カビ毒が繁殖しそうなものもハイリスクフードとなる。

いろいろな食品を攻撃しているし食品効果に関する論文をつまみ食いのような感じであるため賛否両論かもしれないが、著者はかなり勉強していると思う。かなりの健康オタクに違いない。数十キロのダイエット実績があるらしい。

砂糖はコカイン、そしてグルテンは阿片。肝に銘じておこう。

続きを読む

私的 森博嗣ランキング ベスト5

IMG_0090

森博嗣が好きです。

一応紹介すると、簡単版な紹介としては、ミステリー作家。理系専門用語が文中に多く、また登場人物もアカデミックなしゃべり方のため、理系ミステリーと言われている。有名な作品はアニメにもドラマにもなった「すべてはFになる」。

 

詳細版な紹介をしますと、森先生はそもそも大学教官でしたが、大学教官のままミステリー作家としてデビュー。講談社のメフィスト賞も森先生を衝撃的にデビューさせるために設立されたという都市伝説もある程の天才です。理系ミステリーといわれますが、単に理系用語が多いだけかと思いきや、論理展開力、発想力、そして文章力、これらが全て金揃っているため、引き込まれる要因である気がします。実際、ミステリーのトリックに唸るというより、その世界観が際立っており、東野圭吾とはこの点で全く異なります。どちらかというと京極夏彦に近い。加えて、森作品はキャラクター描写も素晴らしく、ポップなキャラクターはライトノベル的な側面もあります。

有名な「すべてがFになる」を含むS&Mシリーズ、Vシリーズなどといった10作品程度のシリーズ内作品がほとんどで、1作品で独立したものはあまり多くはありません。ここが森博嗣ワールドに入りにくいハードルかもしれません。

 

さて、森博嗣作品はどれもこれも本当に面白いです。森先生のキャリアはすでに20年近くになっているため、作品は膨大に出版されていますが、ここで私的 森博嗣ランキング ベスト5を発表したいと思います。

続きを読む

最近読んだ面白かった本(3)

イノベーションのジレンマ 入門/著:山中英嗣[グローバルタスクフォース]

>ハーバード・ビジネススクール“クリステンセン”教授の 「イノベーションのジレンマ」入門【電子書籍】[ グローバルタスクフォース ]

価格:1,500円
(2017/3/14 00:42時点)
感想(0件)

ハーバード教授のクリステンセンの名著「イノベーションのジレンマ」について優しく解説してくれている。図解もあってかなり分かりやすい。経済学のレビューや専門書を読まない私にとっても非常にとっつきやすい内容であった。

続きを読む

最近読んだ面白かった本(2)

これだけ!PDCA/著:川原慎也[すばる舎]

PDCA(

>これだけ!PDCA [ 川原慎也 ]

価格:1,512円
(2017/3/14 00:31時点)
感想(5件)

plan、do、check、action)は仕事の基本であるが、本書でも記述されている通り、忙しさにかまけてplan⇒do、plan⇒doの繰り返しになっていることが多く、check以降ができていない。確かにその通りである。そしてcheckこそ、重要なステップであり、きちんと仕事を評価することで次に活かすことができる。本当に「PDCA」についてだけですが、やはりこのPDCAはどんな仕事の基本だと思います。

続きを読む

最近読んだ面白かった本(1)

池上彰が読む「イスラム」世界/著:池上彰[KADOKAWA]

 

池上彰が読む「イスラム」世界 [ 池上彰 ]

価格:1,080円 (2016/9/4 18:22時点) 感想(0件)

池上彰がイスラム文化圏を解説する。これがかなり基礎的でタメになった。ISとは、イスラム原理主義とは、という疑問には基本的なイスラムに対しての知識が無いとなかなか理解ができない。例えば、一くくりでイスラムといってもイランとサウジアラビアでは違いが大きい、それは歴史的経緯もあったり、シーア派・スンニ派の流れもあったり、という大きな流れを平易な文章で書いている。今まではイスラム知識は、日本で生きていく上で不必要だったかもしれないが、今後はグローバルの流れ、テロが多発している情勢などから、イスラムを理解する必要があると個人的に思う。全く知識ゼロからでも問題無し。素晴らしい入門良書だと思う。読了した後は素養が高まったことをビンビンに感じました。 続きを読む