2018年 3月 の投稿一覧

アジア不動産投資は一つの選択肢になり得るか メリットとデメリット。

資産運用EXPOで、不動産投資業界に触れてきたのですが、大前提として日本は人口減少が避けられない状態。空家問題も既に社会問題になっており、基本的には不動産業界はジリ貧になると予想されます。
そこで、選択肢として出てくるのが、海外。特に東南アジアは、経済成長を間違いなく遂げるため、今のうちにアジアの不動産に手を付けておくのも1つの手です。資産運用の王道理念はリスク分散であり、日本に不動産を持っている方にとっては、2つめの不動産は海外も視野に入れるべきかもしれません。
特筆すべきは東南アジアの成長期待値です。

大手コンサルPwCのレポート「2050年の世界」によると、インドネシアは世界4位のGDP規模の国になっており、フィリピン・ベトナムもGDP成長はすさまじい伸びを達成する予想がされています。

  • 中国は2030年までに世界最大の経済大国になることは明白だが、長期的には成長率が世界平均に収束する見通し

  • インドは2050年までに米国を抜いて世界第2位の経済大国となる可能性

  • インドネシア、メキシコ、ナイジェリアが、英国とフランスをトップ10の座から追い出す可能性

  • フィリピン、ベトナム、マレーシアも著しい伸びを示す見込み

  • コロンビアとポーランドは、2050年までブラジルとロシアよりも力強く成長

引用:https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/world-in-2050-150227.html

2014 2030 2050
PPPベースの 国名 PPPベースのGDP 国名 PPPベースのGDP予測 国名 PPPベースのGDP予測
順位 (2014年基準10億米ドル) (2014年基準10億米ドル) (2014年基準10億米ドル)
1 中国 17,632 中国 36,112 中国 61,079
2 米国 17,416 米国 25,451 インド 42,205
3 インド 7,277 インド 17,138 米国 41,384
4 日本 4,788 日本 6,006 インドネシア 12,210
5 ドイツ 3,621 インドネシア 5,486 ブラジル 9,164
6 ロシア 3,559 ブラジル 4,996 メキシコ 8,014
7 ブラジル 3,073 ロシア 4,854 日本 7,914
8 フランス 2,587 ドイツ 4,590 ロシア 7,575
9 インドネシア 2,554 メキシコ 3,985 ナイジェリア 7,345
10 英国 2,435 英国 3,586 ドイツ 6,338
11 メキシコ 2,143 フランス 3,418 英国 5,744
12 イタリア 2,066 サウジアラビア 3,212 サウジアラビア 5,488
13 韓国 1,790 韓国 2,818 フランス 5,207
14 サウジアラビア 1,652 トルコ 2,714 トルコ 5,102
15 カナダ 1,579 イタリア 2,591 パキスタン 4,253
16 スペイン 1,534 ナイジェリア 2,566 エジプト 4,239
17 トルコ 1,512 カナダ 2,219 韓国 4,142
18 イラン 1,284 スペイン 2,175 イタリア 3,617
19 オーストラリア 1,100 イラン 1,914 カナダ 3,583
20 ナイジェリア 1,058 エジプト 1,854 フィリピン 3,516

現状の東南アジア諸国の不動産事情はといいますと、インドネシアのように外国人が不動産を所有することが禁じられている国もありますが、ベトナムでは2015年に外国人の不動産所有が解禁されており、不動産を所有できますが、基本的には共産主義であり、土地は国庫に帰するため、借款という形になります。また、マレーシアでは土地・マンション共に所有することができますし、カンボジアでもマンションを所有することができます。

続きを読む

第1回資産運用EXPOに行ってきた話

日時:2018年1月26日(土) 11:00~18:30
展示会:第1回資産運用EXPO
場所:東京ビッグサイト

さて、今年は資産運用をもっと勉強し、ひいては金持ちになる礎を広げようと画策しております。
キャリア迷子な私は、具体的な夢とか目標は無く今まで育ったのですが、唯一にして最大の目標が金持ちになることです。特に、不動産投資は、事業として見る面が強く、実質利回りや減価償却費など、勉強していく必要があります。
ネットサーフィンしていると、はっと目に入ってきた広告が第1回資産運用EXPO、主催しているのはこういった見本市業界最大手であるリード・エクシビジョン。そこが主催している展示会は仕事で何度も行ったことがあるので、講演聴講の予約や無料の招待状申込み等、さっと済まし、意気揚々と資産運用EXPOをスケジュールに加えていた私でした。ちなみに木曜から土曜までの3日間開催で、サラリーマンの私は土曜日にいざビッグサイトへ。

 
続きを読む