2018年度5月度の配当金収入

今年から配当金収入を記録致します。

今年の1月~4月はこちら。1月2月3月4月

まぁ記事にしたからといって急に増えるものではないですが、こうやって毎月意識することが大事と信じて記録し続けます。

4月度は配当金がゼロでしたが、いよいよ、配当金の受領が多い季節がやってきました。5月・6月が配当金収入のピークです。

 

2018年5月度の配当金収入

 

2018年度5月度の配当金収入は9,011円でした。NISA口座で6,300円、一般口座で2,711円でした。

主に、2018年2月度末が権利日設定している銘柄からの配当となります。

NISA口座

配当決済日 銘柄(コード) 課税区分 確定配当金
2018/05/30(水) クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387) 非課税(NISA) 500円
2018/05/30(水) システムインテグレータ(3826) 非課税(NISA) 1,900円
2018/05/24(木) SFPホールディングス(3198) 非課税(NISA) 3,900円
2018年05月 合計 6,300円

一般口座

配当決済日 銘柄(コード) 確定配当金
2018/05/25(金) 吉野家ホールディングス(9861) 797円
2018/05/15(火) ビックカメラ(3048) 399円
2018/05/01(火) イオンモール(8905) 1,515円
2018年05月 合計 2,711円

株主優待

配当金収入が増えてきたのと同時に、株主優待もかなり多いのが5月・6月になります。

 

・ビックカメラ商品券と優待券 合わせて3,000円

 

 

 

 

 

 

 

日本BS放送(9414)もビックカメラグループで、商品券が優待になります。商品券は使用期限がありません。

優待と商品券でいつも生活用品買ってます。今時ビックカメラは食べ物も薬もなんでも売ってますから、優待券は本当に便利で重宝してます。

更に嬉しかったのは

・SFPダイニング優待券4,000円

・クリエイトレストランツ優待券3,000円

・吉野家ホールディングス優待券3,000円

 

 

これだけで10,000円の食事券ですからねーかなりでかいです。

なお、クリエイトレストランツは、6月から株主優待を拡充するようで、200株以上を1年保有する人は更に株主優待を得ることができるようになります。

クリエイトレストランツ(3387)の株主優待制度(変更後)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 2月末・8月末  100株以上  —  優待食事券3000円分(×年2回)
 200株以上  1年未満  優待食事券3000円分(×年2回)
 1年以上  優待食事券4500円分(×年2回)
 500株以上  1年未満  優待食事券6000円分(×年2回)
 1年以上  優待食事券7500円分(×年2回)
 1500株以上  1年未満  優待食事券1万5000円分(×年2回)
 1年以上  優待食事券1万6500円分(×年2回)
 4500株以上  1年未満  優待食事券3万円分(×年2回)
 1年以上  優待食事券3万1500円分(×年2回)

 

また、ANAの優待券も届きました。配当は6月ですが、いつも優待だけは早く届きます。そういうところも好感が持てます。

航空チケットが半額で購入できますし、チケットショップに持って行っても1枚2,000円~4,000円で売れますので、良い優待です。

推移

今年の配当金収入について推移をグラフにしてみました。

 

月5万円は遠いですが、地道に少しずつインカムゲインを積み重ねていきたいです。というか、1月から5月で26,598円しかない・・・

 

なお、管理人はネット証券としては金融商品の取り扱いが幅広いSBI証券を使用しています。

国内株式(現物・信用)はもちろんのこと米国株、中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株、1000本以上の投資信託、120銘柄以上の海外ETF、REIT、国債、社債、外債、FX(外国為替証拠金取引)、S株(単元未満株)、CFD、国内株式PTS夜間取引、貸株サービス(信用口座と兼用不可)、日経225先物取引、日経225オプション取引、eワラントなど・・・

SBI証券さえ抑えていれば、全く問題ありません。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.