2017年12月末時点の純資産[エクセルで資産管理やってみた]

節約術とエクセル家計簿で貯蓄1000万円を目指すブログ」に多大な影響を受け、自分もエクセルで資産管理をしてみようと思い立ちました。フォーマットも勝手に見よう見まねでインスパイアされています。

特に、この「エクセルで全ての金融資産残高を一括管理する方法・コツまとめ」という記事で、エクセルで資産管理をすべき理由がとうとうと書かれており、すっかり影響されました。

なぜエクセルなのか?

そもそも私は、銀行口座の残高をチェックするのが好きでにやにやしちゃうタイプです。とはいっても一定多数の人がそうだと思っていますが。なので、自分の全資産の規模を把握していたいなぁとずっと思っていました。

そして時はFINTECH時代。FINTECHが個人資産管理業界にも浸透しつつあり、例えばマネーフォワーというアプリケーションを使用すれば、いろんな銀行口座や証券口座と紐付でき、1つの画面で自分がどれくらいの資産を持っているのか、把握することができます。多くの人のニーズにこたえているようで、一気に浸透しましたね。

あー便利そうだなぁと思う反面資産状況という重要情報が纏めて流出する危険にさらされることに恐怖し、私は全く手を出しておりません。

 

リスクの面に加えて、今年不動産投資を始めるので、不動産価値、それに借入金額の規模も把握しておきたいと思っているので、マネーフォワードだけだと厳しい。更に更に、資産という意味では、株主優待券やギフトカードも立派な資産です。私はクレジットカードでポイントがたまると必ずギフトカードに変換します。この前は念願だったiPadをギフトカードのみで購入しましたANAやJALの株主優待券もチケットショップでは3,000円くらいの価値があるわけですから。優待族の私としては、そこも含めて管理したい。

また、こういう便利サービスには、はやりすたれがあります。10年前、家計簿フリーソフトみたいなものを使っていましたが、どんどん技術は更新され、使っていたフリーソフトは時代遅れになり、使用しなくなりました。今は最先端のマネーフォワードも、数年すればログインすらしなくなるような気がしてならないのです。

とはいっても、銀行に証券に不動産にと、いろんな資産を持つようになり(大人になりました)恒久的なやり方で資産管理できないかなぁと思っていたところでこのブログに出会いました。そう、マイアンサーは「エクセル」です。

灯台もと暗しのツールでした。(Lotus1・2・3派の人は、もういないと思うので・・・)

 

早速ファイルをつくってみた

2017年12月末時点です資産管理表を作成してみました。

なお、具体的な金融機関等は黒塗りで消しております。

銀行口座や証券口座は全てインターネットで残高確認した金額を入力。

ただし、年金保険はリアルタイムで資産価値は分からず、入金した(であろう)金額を入力。

株主優待や商品券は棚にしまっているので、まさに棚卸を夜中に敢行。

ポイントも確認できるものは確認しました。

負債の欄も作成しました。クレジットカード払いが普通になってしまっているので、これもインターネットで確認。あと、この時、なぜか5,000円を友人に借金していました。

 

さて、以上の作業を終え、純資産を計算したところ

23,669,728円でした。

 

でした。

以下、資産管理表です。

 

思った以上に自分は資産を持っていた。

純資産が2,000万円を超えていることを知らなかった。それだけでも棚卸してよかった。日々の勤労とケチな私生活の成果ですね。

以下に気づいたことを書きます。

金に働いてもらう戦略

約900万円が現金でした。

うーん、これは良くない。つまり眠っているだけのお金なのです。今どき、定期預金しても金利は微々たるもの。先日、100万円の定期預金が0.5%で5年を経て、102万円になって返ってきました。2万円でもありがたいですが、5年も機会損失していたという見方もできます。仮に株式投資していたら、どんな銘柄であってもこの時代だったら2万円以上は稼いだと思うのです。

イビチャ・オシムの「ムービング・フットボール」に倣い、「ムービング・マネー」とし、お金には動いてもらおうかと思います。

 

運用手法は株式のみ

現金を超える額だったのが、株式資産でした。

時代が良くて評価益もかなりあります。優待をふくめたインカムゲインで楽しみたいので、銘柄は分散させており、優待銘柄も多く持っています。これはこのままキープ、徐々に増やしていく作戦でいきます。

ただ、眠っている現金が多いことと、運用対象が株式でしかもそのほとんどが日本国銘柄であること、改めて管理表に入れると不安になります。リスク分散こそ王道の運用、と思って銘柄を分散させていますが、実際はできていないじゃない。この辺の危機感が、不動産投資の流れに繋がってきます。

不動産投資を始めることになった記事はこちら。

TATERU(旧会社名:インベスターズクラウド)でアパート経営を始める話

 

2018年末の資産管理表には、借入金額と不動産が載ってくると思います。この資産管理表が様変わりしそうですね。

 

外国通貨と外国銘柄

リスク分散の一つとして、外国通貨と外国銘柄も徐々に増やそうかとおもいます。

ただ、外国通貨として銀行内にも少し保有してますが、結局は現金なので持っている意味がなく、保有のメリットを感じません・・・FXはやっていないし。

ですので、現在は外国銘柄を選定中です。今、ベトナム国の銘柄を買おうとしています。なぜベトナムかといいますと、ベトナムは東南アジアの雄として、今後の成長が最も見込まれる国です。国民性としても、勤勉であることが知られております。またベトナム株は高配当として知られており、銘柄によっては10%をこえる利回りのものもあるようです。

外国株式といえば、通常は米国株式になるでしょう。しかし今は米国株式が高水準なので購入するタイミングではないのかな、と。

 

債権株式

先日、玉川陽介氏の以下の本を読了。

 

債権にも興味を持ち出しましたが、まだ勉強が足りません。将来的には債権も保有対象にしていきたいですね。

 

負債

負債はクレジットカードで未払いになっている分です。キャッシングでは御座いません。

少し前まではクレジットカード支払でほぼ全ての生活費用を支払っていました。しかし、なんとスキミング被害に合う羽目に・・・

 

クレジットカードのスキミングそして偽造カードによる不正利用にあった話

 

以降、信用のおける公共性の高い支払(電気代の支払い、携帯の支払やJRでの購入)は引き続きクレジットカードですが、スーパーでの買い物とかは現金で支払うようにしています。

クレジットカードの使用でポイントが溜まるメリットがありますが、リスクもあることを改めて知る機会となりました。

出張が多かったため、16万くらいクレジットで未払いがありますが、5万円程度の時もあります。

 

純資産

以上、収入と負債を差し引き、純資産を計算した結果、約2,300万円の純資産でした。思った以上にありました。

これは、ひとえに私のケチケチライフのおかげです。

私は一部上場企業に勤めていますが、特別高給取りではありません。しかし、日々使うお金は、日本全体においても、本当に低いと思います。

 

さて、以下に純金融資産保有額による階層 の定義の図を紹介します。。

 

純金融資産保有額で分類すると、超富裕層というのは5億以上富裕層で1億以上、私はまだ単なるマス層に過ぎません。

次なる目標は、アッパーマス層入りです。(世帯でいうともしかしたら既にアッパーマス層入りしているかもしれませんが)

キャッシュで1,000万円、株式で2,000万円程度が目標ラインでしょうか。不動産投資で不動産を購入するため、2018年は達成できなさそうにありませんが、2019年に達成できれば、と思っています。

 

以上、エクセルを使用した資産管理でした。新たな気付きもありましたし、棚卸してみるもんですね。

この資産管理表は2017年12月末の状態を反映させたものです。その後、毎月棚卸してやろう!とは思ったものの、毎月は流石に厳しかった、半期に1回程度が目標かな、次は2018年6月末予定です。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.