フィリピン料理、これだけは食べておけ私的ベスト3

少し前ですが、フィリピンに行っていました。

今回はフィリピン料理の話。

フィリピン料理って、全く日本ではなじみが無く、一体どんなものなのか想像もつかない状態でしたが、総じてフィリピン料理は美味しかった。

 

実際フィリピンに行って最もカルチャーショックだったのは、英語文化圏の影響で、マクドナルドやバーガーキングのようなハンバーガーチェーンはじゃんじゃん溢れ、ローソン・セブンイレブンなんかも普通にありること。そしてフィリピン料理レストランって全然ありませんでした。

まぁ本来は家庭で楽しむものだと思われます。

そんな中、フィリピン料理でこれは美味しい!すぐにでも日本で流行ると感じた私的ベスト3を紹介します。

シジグ SISIG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真の右の方です)

豚のほほ肉を細かく(といってもミンチ程は細かくない)を鉄板でガーリックと炒めたもの。塩コショウも多少きつめ。

これはマジで美味しかった。

フィリピンは日本のように、食事の時はお米を食べる習慣がある(といってもタイ米ですが)。お米とのハーモニーは抜群で、もちろんビールにも合う。日本の居酒屋で食べる○○ニンニク炒めとは全然風味が違うので、エキゾチックな味わいも楽しめる。フィリピン料理を代表する絶品だと言える。

 

ビコ BIKO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言うならば、甘いお米、ライスケーキか。ココナッツ風味で甘く仕上げたスイーツだが、見た目は完全にお赤飯であるため、甘いということを知らずに食べると驚いてしまうかもしれない。

幸いにも甘いことを知って食べたのだが、これまた美味い。日本の団子と違って、こっちはココナッツの味なので、フィリピンっぽさを堪能できるであろう。

美味しいと思うのだが、周りのほとんどの日本人はあまり好んではいませんでした。

ハロハロ HALOHALO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニストップで売っているので最も知名度があるフィリピン料理だと言えます。

まぁ、日本の白くまと似ている。かき氷、アイスクリーム、フルーツで混ぜて食べる。本場のハロハロは少し南国気分が行き過ぎてちょっとグロい感じもあるが、もちろん美味いし、甘い。

フィリピン内でチェーン展開している中華料理屋「超群 –chowking-」で食べた。

なぜ中華料理屋がハロハロを売っているのかは、分かりませんが・・・

 

 

全部美味しいので、機会があればトライしてみてください。

しかし、日本でフィリピン料理を楽しめるところが少なすぎるのが現状です。

なかなかなじみが無いフィリピン料理ですが、後悔はさせません!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください