【太陽光発電】1号基物件の笹と竹の除草をしてきました。

投稿者: | 2020年3月30日 :

私の1号基物件は、低金利で融資を受け、それなりに安い金額で購入しているため、キャッシュフロー的にはとても良いです。しかし運営面ではいいことづくめではありません。

最大の懸念点が、笹と竹です。

太陽光パネルを設置している敷地には、除草マットを敷いてフェンスで囲っているのですが、本物件はフェンス外の東・南・北にそれぞれ余剰の広大な土地があり、その土地含めて購入・私の(法人の)名義となりました。実質的には、土地購入金額がゼロである代わりというか、不要で維持管理できていない土地を譲り受けることとなりました。受け渡される際に現地確認に行った際は、民家が並ぶ村に急遽森が現れたのかと思うくらいの雑木林が生い茂っており、そしてその雑木林の中には築100年にもなる家屋が建っていたような土地でした。

購入した土地

購入したのが2018年で、権利が私の方に移行して、ようやく2019年春に造成工事を実施。造成は、パネル設置予定の場所だけでなく、購入した土地全面で行ってもらいました。雑木林がツルツルの土地になりました。造成する人ってすごい。造成費用込みの購入金額でしたが、産業廃棄物の量まで含めると、販売会社の見込み以上の金額になってしまったようです。

造成後

そして、売電開始、売電自体は順調です。ところが・・・

フェンスの蔦

ひと夏を超えて、秋ごろに蔓が生い茂ってフェンスに絡んでいる、対応したほうがいいかも、みたいなことがメンテナンス業者から連絡きました。私は遠方に住んでいるので、基本的には発電設備に行くことがありません。遠隔発電装置では日々発電金額は確認していますが。尚、このメンテ業者は販売会社の関連会社になるのですが、フェンスの中は除草マットが敷かれていることもあり、除草処理対応はしないことになっています。

年末年始には帰省がてら現場確認しにいくか、と思い、年が明け2020年1月に向かったら、

蔓は完全に枯れて何の問題もありませんでした。

そして、フェンス内においても、目立った雑草は特にありませんでした。(といっても、多少はタンポポ的なものはあります)

しかし、しかし、その代わりというか、つるっつるに造成された余剰のフェンス外の土地は、見るも無残なほど雑草が生い茂っていました・・・

そもそも、フェンスとパネル自体も距離を取っているので、木でも生えない限りは発電に影響を及ぼすことはないと思われます。

しかし、最も広大な設備の東側エリアは、いつのまにか立派な笹と竹が茂っているではありませんか。

これは、購入時の現場確認の際、本土地の入り口は西側で、林の向こうにはなかなか行けなかったので、西側から見ていたのですが、雑木林の向こう側(東側)には竹林があったのです。竹林ももちろん造成できれいにのぞかれたのですが、異常なスピードで成長する竹のことですから、ひと夏でまた竹が茂り始めたのです。

右の辺りが竹・ササが生い茂っています。

竹、おそるべし・・・

竹というのは根っこでつながっており、現状はパネルエリアには全く関係なくても、将来的には竹が日差しを阻害し、なんならフェンス内でも生え始めて突き破るんじゃないかと考え、早めの対応と取ることとしました。

尚、発電上最も重要な南側には何故か竹ははえず、雑草は生えたものの冬となりまた枯れていたので、今のところ問題にはならなさそうです。

竹・笹の除草対応

対応しようと思っても、もちろん初心者ですので、まずは「竹 駆除」とかでぐぐることとしました。

すると分かったのが、

竹はすぐ育つし、生命力が強い(知っている)

何度切り倒してもまた育つ

薬品注入が効果的

といった情報がありました。

竹は地下茎も伸び、切り倒しても根っこから新たに竹が伸びるため、除草剤を注入することで枯らすことがよいとのことです。

というわけで、農薬の注入を第一に考えました。具体的には、竹に電気ドリル等で穴をあけて、そこに数mLスポイト等で原液を注入すれば、1~2カ月後には枯れるということです。

さらにググると、クロレートSという除草剤がよいという情報が。

しかし、私はクロレートSは使いませんでした。

理由は、このクロレートSは毒劇物であるため、入手するためには身分証明書等を出したりといろいろと面倒なようです。そもそもどこに売っているのかもよく分かりません。(少なくとも楽天とかでは買えません)また近隣土地(設備の南側は畑と面している)にも迷惑をかけてしまうほど強力な農薬のようですので、断念しました。

使用したのは、

サンフーロン

という除草剤です。

サンフーロンは非常にポピュラーな除草剤で、家庭菜園をしている義理の母も使っているとのことでした。竹や笹に効くということに加え、安価でかつどこでも手にはいる、ということから、この農薬にしました。

サンフーロン 500ml サンフーロン 除草剤 原液タイプ 葉から入って根まで枯らす

価格:657円
(2020/3/30 00:48時点)
感想(1件)

注入作業

さて、2月にまた現地に行き、注入作業を行ってきました。

電気ドリルは無かったのですが、幸運なことに借りることができました。バッテリーも5つくらい借りれたので、本当に幸運でした。

地上から30cmくらいのところに電気ドリルで穴をあけ、そこにサンフーロン原液を10mL程度注入。不要のシャンプー容器がお薦め!って書いていたので、シャンプー容器を使用。念には念をで、5プッシュ/1竹 で注入しました。シャンプー容器を使うと、あまりに低い場所に穴をあけると、入れにくいので、程よく高いところがいいかもしれません。

ガムテープで穴をふさぐこと、とも書いていたのですが、1本1本貼るのはけっこう面倒で、今回はしませんでした。凶とでるか・・・?

さて、公式ホームページだと、2~5ヵ月後に、「竹の葉がすべておちれば根まで枯れます」と書いています。次はGWに現場確認に行く予定です。どうなる、竹と笹?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください