【公害防止管理者<水質1種>に合格しました!】(1)合格体験記

thumb5

公害防止管理者<水質1種>に合格致しました!

今回もエネルギー管理士同様、課目合格からの2年越しで合格でした。ですので、早速合格体験記を書こうかと。受験する方々、是非参考にしてください。

1年目

経緯

経緯はエネルギー管理士の合格体験記とほとんど一緒なのですが、一応書きます。
某化学会社に勤務し、製造現場から本社に異動したのが5年目の秋。与えられた主な業務内容が、○新工場などのプラント設計、○技術移管(BCPが主目的)、○設備管理(減価償却など)、○EHS管理などであり、設備系に携わることになって、かなり苦労しました。原因は①専門知識がない、②社内人脈がない、③ビジネススキルがないといったないないづくしなわけです。現状分析したうえで、②と③は時がたてばなんとかなる、しかし①「専門知識が足りない」に関しては勉強するしかないため、高圧ガス<乙種化学>を2014年11月に受験することになりました。ここで、中途採用1年目で僕と同世代の同僚は、上司から水質関係公害防止管理者の受験を命じられています。その同僚は高圧ガス甲種やエネルギー管理士の資格はすでに取得していました。なお、所属している会社の規模的に、第二種公害防止管理者で問題無いとのことでしたが、その同僚は第一種の受験を目標としていました。そして、受験して1年目の試験は不合格だったようです。優秀な彼が落ちるというのは、なかなか難しい試験なんでしょうね、と実感。
そして、僕はというと高圧ガスの試験は落ち続けていたものの、2015年8月に見事エネルギー管理士の資格を取得(合格体験記を参照)。エネルギー管理士試験の勉強を通じて、なんとなくですが30にして自分のキャリアを環境管理や環境技術を軸に固めていきたいと思ったのです。そこで、この流れに乗って水質関係第一種公害防止管理者を受験することにしました。
とは書いたものの、実は公害防止管理者試験の申込は7月末まで。つまりエネルギー管理士試験の試験日である8月2日よりも前に申し込んじゃいました。勉強した感じと、すでにエネルギー管理士の4課目中2課目は合格していたこともあって、受験前からエネルギー管理士は合格すると信じ、別の試験の申込をしてしまうという……。エネルギー管理士に合格していなかったら、なんとまぁ節操の無い受験スケジュールになってしまうところでした。ただ、試験というのは受験することが一番大事だとも思います。万が一、まぐれでも受かることはあるのですし、資格試験というのは仕事と全く逆で結果というよりも勉強するという過程が大事な部分があります。まぁ、合格という結果はもちろん欲しいのですが。

試験概要

さて、早速インターネットで検索して、試験概要を調べます。試験は、だいたい以下のような感じです。

○試験は10月1週目日曜日。年に1回しかない。
○そもそも、公害防止管理者は<水質><大気><ダイオキシン><騒音・振動>などの区分がある。今回は仕事との関連性からいっても水質を受けることとなる。難易度から言っても、水質と大気が花形みたいな感じらしい。
○水質や大気では、1種、2種といった区分けがある。種によって、担当できる工場の範囲が変わってくる。水質でいうと1種が全ての工場を網羅しているとのことなので、水質1種を受けることとしました。
○水質1種の本試験は5課目あり、課目別合格制(合格課目は2年間有効)。
○合格は各課目とも60%の正答。ただし、課目によって問題数は異なる。
○合格率は20%程度。合格率だけでは難易度は図れないが、チャンスはありそう。
○試験以外にも講習で資格取得できる道もある。
○電卓使用可。ただし、関数電卓不可。計算問題が出る。

課目合格は2年間免除されるため、1度の受験で全科目合格しなくとも、3年で全科目を合格すれば試験に合格ということになります。水質1種は5課目あるので、一日中の試験となります。

水質1種の試験概要

水質1種の試験は5課目あり、1.公害総論、2.水質概論、3.汚水処理特論、4.水質有害物質特論、5.大規模水質特論です。受験した後気づいたのですが、公害防止管理者の試験では、「総論」「概論」「特論」という風に分けられ、この順で難しくなります。総論が一番簡単で、特論が一番難しいです。
さて、私は全てを網羅して勉強するために、1冊で完結する参考書で勉強を始めました。
新星出版の公害防止管理者水質関係合格教本改訂2版を使用しました。以下、「合格教本」と記載します。

公害防止管理者水質関係完全合格教本改訂2版 [ 浦瀬太郎 ]

価格:2,700円
(2016/11/15 00:12時点)
感想(1件)


この合格教本は、何が良いって図解が多くて非常に分かりやすい!他の本は文字が多く、単純に読みにくい中、公害防止管理者参考書にしては珍しくビジュアルに工夫がされており、図やカラーを多分に記載してくれています。肝心の解説内容もとても分かりやすく、試験ではこう出るここが出るといった感じでポイントが抑えられています。またこの試験は実は非常に勉強範囲が広いのですが、この本はコンパクトに試験全範囲網羅されており、この1冊を完璧に理解すれば間違いなく合格すると思います。しかし、問題数と解説が少なく、あくまで入門書的な位置づけになりかねないというところがネックです。合格教本という名の通り効率よく勉強したい人向けといった感じで、本気で勉強したい人には向いていないかもしれません。
さて、合格教本だけでは問題演習数は圧倒的に少ないと感じました。公式な過去問集というのが無いようだったので、問題集を購入して使用しました。
それが弘文社が出版している公害防止管理者水質関係50回テストです。以下、「50回テスト」と記載します。

最速合格!公害防止管理者水質関係50回テスト [ 福井清輔 ]

価格:2,160円
(2016/11/15 00:15時点)
感想(1件)


テキスト名通り、5問の試験が50回、計250問が記載されています。掲載されている問題は、基本的には過去問のようです。この本も図解的に分かりやすく、しっかりと解説にページがさかれており、とても良い問題集でした。
1年目の受験は、この2冊をベースに勉強しました。
以下に課目ごとにレビューを記します。

【1.公害総論】

課目としては、一番簡単な総論です。
問題数は15問、水質1種区分だけでなく2種から4種、また大気区分、ダイオキシン区分等の受験生も全員受験する、公害防止管理者受験者は避けられない課目です。内容としては環境基本法を軸にした法律体系が主に問われます。その他、環境時事問題や、環境管理手法、国際環境協力など、総論というだけあって公害に関する概要が広く問われています。
文系課目といいますか、この課目では法律を覚えたりしなければなりません。法律を体系的に勉強するため、CK BOOKS出版の「なるほど図解 環境法のしくみ」という参考書で勉強しました。

法律試験が苦手であれば苦戦するかもしれませんが、基本的には難しくないはず。この課目が厳しかったら、公害防止管理者はあまり向いていないかも……。

【2.水質概論】

課目としては2番目に簡単な概論です。水質区分の概要みたいな形で、他の課目も浅く網羅しており、高杢と重複している部分もあります。
問題数は10問。水質区分の受験者は全員必須です。内容としては、水質に関する法律基準、主に水質汚濁防止法について、現状・歴史や、原因物質や指標、化学物質による汚染について問われる。正直、問われるレベルは難しくなく、一般的な常識・良識に近いと言える。専門的なレベルについては、例えば原因物質については、課目3の「汚水処理特論」や課目4「有害物質特論」で細かく詳しく勉強することになります。

【3.汚水処理特論】

課目としては、最もボリュームがあり、難しい。問題数は25問もあります。
大きく分けて、処理方法と測定方法についてです。処理方法はさらに、化学的処理方法、物理的処理方法、生物的処理方法に分けられます。代表的な処理方法は、キレート剤・凝集剤などが化学的、ろ過などが物理的、活性汚泥が生物的といった風に分けられます。専門技術については、自社工場でろ過や活性汚泥を使用した排水処理を行っていたのですが、他の技術にはあまり馴染みが無い分野だったので、合格教本だけでは足りないと感じたので、秀和システムが出版している図解入門 よくわかる最新水処理技術の基本と仕組みという参考書で、処理技術を勉強しました。この本は図解が多く、また処理技術の概要は全部網羅されているので、理解の一助となりました。ただし、公害防止管理者用のテキストではないので、不要な部分も若干ありますし、問題もありません。
測定方法は、各有害物質の試料採取方法や流量測定方法などについて問われます。この測定方法は正直なかなか難しいです。カドミウムであればこの測定方法、水銀であればこの測定方法といった具合に物質ごとに測定方法や使用する試料が異なります。無機化学は深い理解ではなくて、要領よく暗記することがポイントですので、自分なりに語呂で覚えたり、ただ繰り返し合格教本を読み、50回テストも何度も演習し、インプットに励みました。無機化学にアレルギーのある自分としては、かなり辛い作業でした。
処理技術、測定方法共に難しいです。まさに特論。この課目が水質1種で最大の壁となるでしょう。時間もかなりかける必要があります。

【4.有害物質特論】

課目としては、課目3「汚水処理特論」と並んで、非常に専門的で難しいです。問題数は15問あります。
大きく分けて、有害物質の特性と有害物質の測定方法についてです。各有害物質の特性から処理方法だったり固有の測定方法などについて問われます。有害物質の測定方法は、課目3「汚水処理特論」で問われる測定方法についてと重複しています。
この課目は、全編無機化学の勉強となります。要領よくポイントを覚える、これに尽きるのですが、なかなか無機化学というのはストーリーが無いので覚えにくいし、取っつきにくい、カドミウムはこうこういった性質ですと言われれば、それに理由は無いし、否応に覚えざるを得ないのです。ひたすら合格教本と50回テストを繰り返し、インプットに励みました。

【5.大規模水質特論】

個人的には、特論の中では一番簡単です。しかも、10問しかありません。
問題内容は、水流の挙動や大規模工場での具体的な事例などが問われます。水流の挙動はレイノルズ数など、課目3や4の無機化学から一転物理的な範囲となります。また、ビール工場や印刷工場など大規模な工場での処理方法の事例が試験にて問われます。
個人的には、かなり取っつきやすく勉強には苦労しませんでした。しかし流体力学的な分野が苦手な人からすれば、そうじゃないかもしれません。

試験当日<2015年10月1日>

試験は初秋の日曜日、世田谷の尾山台というところにある東京都市大学にて受験しました。かなりハイソな街におっさん達が列を成して、大学へ向かっていきます。都市大学近くのローソンは、試験日はめちゃめちゃ混雑しているので、駅付近で飲み物や昼食を用意しておきましょう。
手ごたえとしては、やはり浅く広く勉強したためか、基本的にありません。特に課目3「汚水処理特論」と課目4「有害物質特論」は、全く自信がありませんでした。

結果

次の日に一般社団法人産業環境管理協会がアップした回答を見ると、やはり課目3と課目4は6割に達していませんでした。
課目合格したことをポジティブに考え、来年のリベンジを誓いました。

2年目

リベンジの試験勉強

昨年受験し、5課目中3課目合格をしているため、半分は終わっているとポジティブにとらえ、今年も受験しました。しかし、今年受験する2課目は2つとも特論と銘打った課目で、しかもアレルギーがある無機化学の試験です。専門的で化学単語がテキストにも羅列しており、2年目もかなり勉強は辛かったです。というか、辛い課目しか残っていないという状況です。不合格だったこの2課目はただ単に、勉強不足であったことは実感しており、今年はこの2課目に集中できることはむしろ幸運だったと思います。

【3.汚水処理特論】

課目としては、一番難しく、そして一番範囲が広いです。
昨年の失敗は、単純に試験範囲に対して、対策時間が少なかった事につきます。合格教本と50回テストだけじゃ足りなかったので、参考書として、今年新たに、試験運営元でもある一般社団法人産業環境管理協会が出版している公害防止管理者等国家試験徹底攻略受験科目別問題集 汚水処理特論を購入し、使用しました。

【送料無料】 汚水処理特論 徹底攻略受験科目別問題集 公害防止管理者等国家試験問題 / 溝呂木昇 【単行本】

価格:3,240円
(2016/11/15 00:20時点)
感想(0件)


かなりボリュームのある参考書です。解説も問題も十分すぎるほどしっかりした内容です。教科書は繰り返し、何度も読み解きました。難解な内容だが過去問及び類題はもちろん全部解き、50回テストも使用して、理解度をチェックしました。正直、去年よりだいぶ勉強しましたが、しかし、無機化学は苦手というかポロポロ物質名を忘れていきます。本当に繰り返し、何度も参考書を読みました。

【4.有害物質特論】

課目としては、難しいのはもちろんですが、無機化学というのがなんともきついです。

こちらも今年新たに、試験運営元でもある一般社団法人産業環境管理協会が出版している公害防止管理者等国家試験徹底攻略受験科目別問題集 有害物質特論を購入し、使用しました。

 

【送料無料】 水質有害物質特論 公害防止管理者等国家試験問題徹底攻略受験科目別問題集 / 溝呂木昇 【本】

価格:2,808円
(2016/11/15 00:22時点)
感想(0件)


これが100%理解できれば、絶対受かるような内容です。何とか食らいついて、何度も読み、問題を解きました。

試験当日<2016年10月2日>

場所は去年と同じ、東京都市大学というところ。東急・尾山台駅へ1年ぶりに降り立ちました。今年は課目受験であるため、試験は午後から。どこかで腹ごしらえと思い、環八沿いの評価の高い「陸 尾山台店」というラーメン屋に。ここが、二郎系インスパイアの店で、試験前というのに気持ち悪いくらいお腹いっぱいになってしまいました。試験前から心配です……
直前までテキストで勉強し、まずは汚水処理特論。こちらは比較的できた手ごたえがありました。続いて、有害物質特論です。うーん、手ごたえ無し。やはりこの課目は難しいです。2課目だったため、これで家に帰りました。課目受験は体力的には本当に楽です。

結果

結果が気になって、当日、速報掲示板みたいなところで答合わせしましたところ。両課目とも75%くらいは合っている気がします。次の日、産業環境管理協会にアップされた模範解答で正答率を計上したところ、課目Ⅲ汚水処理特論は80%程度、課目Ⅳ有害物質特論は70%程度の得点が取れていました。十分な時間をかけて試験対策したため、答合わせはドキドキしながら手を震わせていました。あー、良かったです。

個人的には、公害防止管理者水質1種は、やはり課目Ⅲの汚水処理特論と課目Ⅳの有害物質特論がポイントだと思います。早めの対策で、参考書も惜しまず買うべきかと思います。

 

公害防止管理者<水質1種>に関する記事

(1)合格体験記

(2)成績

(3)勉強時間

(4)参考書と費用

(5)まとめ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>